自動車排気の規制

自動車排気の規制では

規制で自動車が乗れなくなる

一般的に自動車の排気ガス規制を厳しくする場合には新しく生産される新車を規制するのですが、これでは今既に走っている車はそのままになってしまいます。そこで既に走っている車を対象にした制限がされることがあります。最近だとディーゼル車がこのために都市部での登録が出来なくなったり、大型車の都市部での使用が出来なくなったりしました。しかしこれは個人の財産権の侵害に当たるので慎重に行われます。そうむやみに自動車は乗れなくなることは無いはずです。しかし今後はどうなるかわかりません。特に都心部の一部ではEVのみの使用に限定しようとする動きもあります。

排気ガスの出ない環境改善

ハイブリッドカーは燃費に優れており、従来比の倍の燃費水準として、買い替えを検討する人が増えました。ハイブリッドカーは燃費が優れていても、石油燃料を使用するため、排気ガスを排出します。現在、日本の自動車産業の先端は燃料を石油燃料を一切使わず、電気駆動や水素燃料を使用する車の開発が進んでいます。これが、世界に広がるためには、インフラ整備も一体として考えなければいけないため、日本の独自開発技術を世界に教え、自動車製造と共にインフラ整備も拡張する試みが行われています。排気ガスを減少させることは地球温暖化の懸念を低くし、環境改善につながります。

↑PAGE TOP

Copyright © 自動車排気の規制では All rights reserved